大阪 豊中市 歯周病 / 大阪市 吹田市 箕面市 池田市 茨木市 

豊中市 ますだ歯科医院 歯周病(歯槽膿漏)治療案内 

歯周病(歯槽膿漏)基礎知識
歯周病治療案内 > 歯周病の基礎知識 > 図解 歯周病

図解 歯周病

では歯周病がどのような病気で、どのように進行していくか図で説明していきます。

歯周病 断面図比較
歯周病正常イラスト

正常


歯ぐきはひきしまって、ピンク色で歯ブラシでも血は出ません。
歯根は骨に覆われ、びくともしません。
初期歯周病イラスト

初期歯周病


歯の周りに歯石がつきはじめて、歯ぐきが腫れて赤くなります。
歯ブラシが歯ぐきに当たると血が出ます。
骨も減り始めますが、まだ歯はしっかりとしていてびくともしません。
中等度歯周病イラスト

中等度歯周病


歯石が多く付いて、歯ぐきは腫れて、歯を支える骨も半分近くに減ってしまいます。
口臭がきつくなり、歯の間にものがつまりやすくなります。
少し歯が揺れるようになりますが、食事には困りません。
重症歯周病イラスト

重症歯周病

硬い歯石に歯が覆われています。
歯を支える骨が1/3以下となって、歯が揺れて自覚するようになってきます。
食事も段々不自由になってきます。
度々歯ぐきが腫れてズキズキ痛むようになります。



自覚症状のでるころには歯周病は相当進行しています。
自覚症状の出ないうちからチェックと予防を行いましょう。

歯周病 拡大図比較
歯周組織拡大図イラスト 歯周病拡大図イラスト

正常

進行した歯周病

歯石はついていません。
骨は根をしっかりと覆っています。
歯ぐきはピンク色で引き締まっています。
歯周ポケットは3mm以内です。
硬い黒い歯石が大量についています。
骨は歯を覆う高さが減っています。
歯ぐきは赤く、ブヨブヨになっています。
歯周ポケットは4mm以上です。





歯周病(歯槽膿漏)治療について

豊中市ますだ歯科医院の歯周病(歯槽膿漏)治療
大阪府 > 北摂エリア > 豊中市・吹田市・箕面市・茨木市・池田市 > 豊中市上野西
copyright  Masuda Dental Clinic since2009

豊中市の歯医者 ますだ歯科医院では徹底した歯周病治療と予防を行っています。 2008年7月1日に豊中市上野西にて開院しました。
豊中市上野西3-13-55-1F  ( 少路駅より徒歩9分・バス停上野西3丁目《 豊中駅・千里中央駅・桃山台駅から発着 》より徒歩1分 )
豊中市だけでなく大阪市、箕面市、茨木市、吹田市、池田市、宝塚市、神戸市、高槻市、京都市などよりご来院いただいております。

箕面 ますだ歯科医院 | 箕面 インプラント | 箕面 歯周病 | 箕面 ホワイトニング | 箕面 審美歯科