歯周病治療で起きる問題点 / 大阪 吹田 箕面 池田 茨木 

豊中市 ますだ歯科医院 歯周病(歯槽膿漏)治療案内 

歯周病(歯槽膿漏)治療について
歯周病治療案内 > 歯周病の治療について > 治療によっておこる問題点

治療によっておこる問題点

歯周病治療を行うことで起きる可能性のあるトラブルが2点あります。
歯ぐきが下がることと、知覚過敏です。

1.歯ぐきが下がる (歯肉退縮)

歯周病は歯ぐきが腫れている病気です。歯ぐきが腫れ、歯周ポケットが深くなり、歯磨きをしても歯周ポケット内に汚れが残ってしまい、さらに歯ぐきが腫れて骨がやせる・・・
歯周病治療のゴールは歯茎の腫れを引き締め、歯周ポケットを浅くすることです。
そのため治療が進むと、
・歯ぐきが引き締まり下がったようになる
・歯と歯茎の隙間が広がる
ということが起こります。
この問題は残念ながら避けることが出来ません。

セラミックの冠がかぶっている歯では治療に伴い見た目が悪くなってしまう事があります。
隙間が気になる場合は冠をかぶせることなどで対応しますが、十分な説明を受けてから治療を受けるようにして下さい。


2.知覚過敏

歯周病治療により歯にこびりついている歯石を取り除くと、冷たいものや熱いものの刺激がダイレクトに歯に伝わるようになります。
また、歯ぐきが引き締まることによって今まで歯ぐきに隠れていた部分が露出します。
その二つの事によって、「治療をしてから歯がしみるようになった」ということが起きる事があります。
多くは一時的なもので、徐々に良くなっていきますので心配いりません。
知覚過敏が強く出た場合には歯の神経を抜くことで対処しないといけないことがまれにあります。




歯周病(歯槽膿漏)基礎知識

豊中市 ますだ歯科医院 歯周病(歯槽膿漏)治療の実際
大阪府 > 北摂エリア > 豊中市・吹田市・箕面市・茨木市・池田市 > 豊中市上野西
copyright  Masuda Dental Clinic since2009

豊中市の歯医者 ますだ歯科医院では徹底した歯周病治療と予防を行っています。 2008年7月1日に豊中市上野西にて開院しました。
豊中市上野西3-13-55-1F  ( 少路駅より徒歩9分・バス停上野西3丁目《 豊中駅・千里中央駅・桃山台駅から発着 》より徒歩1分 )
豊中市だけでなく大阪市、箕面市、茨木市、吹田市、池田市、宝塚市、神戸市、高槻市、京都市などよりご来院いただいております。

吹田 ますだ歯科医院 | 吹田 インプラント | 吹田 歯周病 | 吹田 ホワイトニング | 吹田 審美歯科