大阪 豊中 歯周病 / インプラントや部分入れ歯について 

豊中市 ますだ歯科医院 歯周病(歯槽膿漏)治療案内 

ますだ歯科医院での歯周病治療詳細です

インプラントや入れ歯などの多くの治療オプション

歯周病が軽度で、ご自身の歯が全て残っている場合は歯周病対策だけを行えば十分です。

しかし、歯周病が進行した方は、歯を失っている(失うことになる)ことが多く、残っている歯も弱っています。
歯が揺れている部分は、咬み合わせの力から守るために補強をしないといけませんし、歯を失った部分は、なんらかの方法で補わないといけません

歯周病は、「様々な治療の総合力が必要とされる病気」です。

ますだ歯科医院は歯周病自体を治すための治療はもちろん、揺れている歯を補強するための治療や、歯を失ったしまった部分に対する治療などに様々なオプションを用意しています。


例えば、歯を失った部分に対する治療の選択肢であるブリッジ・入れ歯・インプラントにはメリットだけでなく、デメリットもあります。

ブリッジでは支えとなる歯に負担がかかり、歯周病に悪影響
ブリッジ解説図 *ブリッジとは、歯の無い部分の前後の歯を削り、橋をかけるように大きな冠をかぶせる方法です。
支えとなる歯は削られる上、負担も強くかかります。

入れ歯では金具をかけた歯に大きな負担がかかり、歯周病に悪影響
部分入れ歯解説図 *部分入れ歯は残った歯にバネをかけて、安定させます。
咬んだり、付け外しをするたびにバネのかかった歯に揺さぶりが加わります。

インプラントも歯周病治療がうまくいっていなければ成功率が大幅に下がる
インプラント解説図 *骨の中にチタン製の人工歯根を埋めて、それを支えに冠をかぶせるインプラント。
インプラントは虫歯にはなりませんが、歯周病にはかかります。インプラントに先駆けて徹底的な歯周病治療が必要です。


重症の歯周病の進行を食い止めるためには、
歯周病の治療をきちんと行うだけでなく、
様々な補強法や、残った歯に負担の少ない入れ歯やブリッジ、インプラント治療を行う必要があります。


当院では様々なオプションからあなたに最適な方法を組み合わせて治療を行うことが可能です。


インプラント

インプラント治療 歯周病との関係

歯を失った部分を補う様々な方法の中で、残った歯に最もやさしい治療法がインプラントです。
インプラントは骨の中に人工の歯根を埋め込み、自分の歯の代わりとして使う治療法で、残った歯を削る必要も、残った歯に負担がかかることもありません。
歯周病により歯を失った方にはインプラント治療を併用することが、歯を長持ちさせるために非常に効果的です。

詳しくは豊中市 ますだ歯科医院 インプラントサイトをご覧ください。

入れ歯

入れ歯治療 歯周病治療のための入れ歯

歯周病の方に作る部分入れ歯には注意が必要です。
歯周病で弱った歯にバネをかけることになると、栓抜きの要領でその歯が駄目になっていきます。
バネのかかる歯を補強したり、背丈を低くして磁石により入れ歯を安定させたりすることで残った歯を守ります。

詳しくは豊中市 ますだ歯科医院 入れ歯治療ページをご覧ください。



歯周病(歯槽膿漏)の基礎知識

歯周病(歯槽膿漏)治療について
大阪府 > 北摂エリア > 豊中市・吹田市・箕面市・茨木市・池田市 > 豊中市上野西
copyright  Masuda Dental Clinic since2009

豊中市の歯医者 ますだ歯科医院では徹底した歯周病治療と予防を行っています。 2008年7月1日に豊中市上野西にて開院しました。
豊中市上野西3-13-55-1F  ( 少路駅より徒歩9分・バス停上野西3丁目《 豊中駅・千里中央駅・桃山台駅から発着 》より徒歩1分 )
豊中市だけでなく大阪市、箕面市、茨木市、吹田市、池田市、宝塚市、神戸市、高槻市、京都市などよりご来院いただいております。

箕面 ますだ歯科医院 | 箕面 インプラント | 箕面 歯周病 | 箕面 ホワイトニング | 箕面 審美歯科